それぞれの働き方

ガウンを着たピンサロ嬢

ヘルスは高収入の場合が多く、高収入を望む人にはいいアルバイトといえる。
ピンサロに対し、多くの人と短時間で交わる必要が無く、シャワーをあびることができる点で清潔を保つことができる。
内容としてはハードなものが多く、身体を舐められるということもメニュー内容に含まれている。
素股や69など、射精まで導くサービスが求められており、長く続けるにはそれなりの体力と、性病に感染しないための身のこなし方を身につけ無ければならない。

それに対しピンサロにはマットプレイがないので、短時間でサービスが済むことが多い。
ヘルスは1プレイほどの時間が長く、女性の体力が必要であるが、ピンサロでは1プレイごとが短い。
男性と話す必要も無く、抜きが主に求められているので、1日にたくさんの男性客をこなすことができる。

また、デリバリーヘルスなどよりは移動する必要が無いのも特徴である。
営業時間も12時から24時までの所が多いので、夜遅くまで待機する必要がない。

サービスの内容も簡単なものが多く、特別なマッサージなどの技術を身につけなくても続けることができる。
ソープや性感エステだと、男性の身体をマッサージするために、技術を身につけなければならない。
しかし、そうした技術は必要なく、1日を働く体力があればよい。

給料は時給と歩合制である。
このため、オプションを多く持っていればソープのような完全時給制の店よりも稼げることがある。

働き方

銀髪のピンサロ嬢

ピンサロでは席ごとの仕切りが簡易なものとされているので、雰囲気を作るために、店内を暗く設定している。
アルバイトする場合は席同士が見えることが恥ずかしい、という女性も多い。
しかし、店内が暗いため、ヘルスよりは身体を観察される機会が少ない。
このため、容姿に自信が無い人などは、働きやすいといえる。

キャバクラやセクキャバで働く女性は華やかさが求められる。
お酒や飲食に関わる仕事のため、場の雰囲気作りが主となる業務で、複数の人数がいれば場にいる人に平等に接しなければいけない。
しかし、ピンサロでは基本的に男性は一人で入店する。
抜きを目的に来店するため、飲みの流れで盛り上がるためにはピンサロは利用されない傾向にある。

また、料金が低く設定されているため、男性も抜き以外は求めるものが少ない。
オプションごとには楽しみが豊富に設定できるが、料金に見合ったサービスを男性も求める傾向にある。
このため、女性の収入となるバック率がヘルス系に比べると安くなってしまう。
しかし、店の雰囲気が女性に求めるものが少なく、働きやすいため、色んな人がアルバイトで働いているのがピンサロの特徴である。

お酒の提供が殆ど無いため、お酒が弱い人でも働くことができ、間口が広いともいえる。
女性のタイプは水商売とは異なり、口下手で素朴なタイプが多く、誰でも気軽に働ける雰囲気がある。

都会ではホテルが多いため、デリヘルやホテヘルなどの営業が多いが、地方ではピンサロの営業の方が多い。
箱型のヘルスは新規の開店が少ないため、ファッションヘルスなどの営業は少ないのである。
これに対しピンサロは全国どこでも営業があるため、アルバイトの募集をしているところも多い。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031